【中嶋亜美さんインタビュー】 自分が面白いと思う方向に進めばいい

【中嶋亜美さんインタビュー】 自分が面白いと思う方向に進めばいい

【第2回 創造的な仕事を目指す過程で中小企業診断士に】
過去の記事:第1回

【中嶋亜美さんインタビュー】

中嶋さんは,前職でシステムエンジニアだったときに中小企業診断士を目指しました。そのときの動機と,中小企業診断士になって変化した思いを伺いました。

自分で新しいものを作る仕事がしたい

――以前は大手外資系IT企業にお勤めでしたね?

大学時代は経営学部でしたが,自分で新しいものを作る仕事がしたいと思いました。文系出身の私が新しい何かを創造できる仕事として,IT業界を選んだのです。その中でも就職先の企業が著名な人工知能サービスを立ち上げる時期だったので,最先端の技術で大きなビジネスができそうだと感じました。

上流工程に関わるために中小企業診断士に

――そこで中小企業診断士になろうと考えたのはなぜですか?

就職先で流通業の業務系システムエンジニア(SE)になり,アプリケーション設計以降の開発・テストを主に担当していました。ですが,新しいものを作りたいので,要件が決まったものを作るより,要件を決める側に回りたいと思うようになりました。そこで上流工程に関わる資格取得を考えたのです。

上流系のIT資格にはITストラテジストやプロジェクトマネジメント系の資格などがあります。ですが,これらには論文試験があり,業務経験が豊富でないと合格は難しいです。それに対して,若手のキャリアでも取りやすかったのが中小企業診断士です。経営学部出身で経営にも興味があったので,ちょうどいいと思いました。

中小企業診断士になって変わった仕事への視点

――資格を取得して希望は叶いましたか?

上司に相談した結果,コンサルティング部門への異動を勧められました。異動先のリーダーにも中小企業診断士であることが認められ,異動することができました。

資格がなくても異動できたかも知れませんが,自分がその行動を起こせなかったでしょう。中小企業診断士仲間の皆さんがキャリアアップやキャリアチェンジをされていくので,エネルギーをもらいました。

異動先では提案の仕事に関われた点で,希望が叶いました。ですが,私の既存スキルであるSEとしての仕事が回ってきがちでした。

また,中小企業診断士の勉強をするうちに,ITを離れて純粋にビジネスへの興味が強くなっていきました。しかし,異動先の部署の仕事を見たときに,この先もITが軸のコンサルティング になると思いました 。そこに私がやりたいこととのずれを感じたので、転職にかじを切ったのです。

武本 大作

武本 大作 取材の匠メンバー,中小企業診断士

電機メーカーの研究開発部門から外資系IT企業に転職。法人向けのITコンサルティング,開発技術啓蒙のため得意先への出向,技術営業,パートナー営業,製造業の営業企画とマーケティングなど,16年の間に様々なロールを経験。2017年に医療機器メーカーに転職し,生産現場でのIT活用を追求している。2019年中小企業診断士登録。

輝く診断士のお仕事紹介カテゴリの最新記事