【松本 崇さんインタビュー】 学び続けること⇒広がり続ける可能性

【松本 崇さんインタビュー】 学び続けること⇒広がり続ける可能性

【第3回 複業の強みを生かし、診断士の本格始動】
過去の記事:第1回第2回

【松本 崇さんインタビュー】

勉強し続ける社会人を目指し、積極的な「複業」を始めた松本崇さん。それは所属企業にとっても、本人にとっても、有効な能力活用につながると語ります。中小企業診断士の資格は特に親和性が高いようです。

自分の会社を興して活動開始

――勤務先に副業制度を作ってもらったそうですね。

会社の若手メンバーが集まる勉強会で、様々なテーマの議論をしている中で、これからの時代は副業も必要だねという話が出ました。そこで、メリット・デメリットをまとめて会社に相談したところ、建設的な検討に話が進み、結果、副業が認められました。

自分たちが必要だと思って提案したことが実現して嬉しかったのもありますし、まさに自分が今その立場にいて、あの時やっておいて良かったなと思います。

――最近はどんな活動をされているのですか?

2020年の春、中小企業診断士登録に先駆けて「pfwork」という屋号を掲げて創業しました。professional work(専門性)とportfolio work(複業)を特長として、経営支援やプロジェクト支援を行っています。

最近取り組んでいる例としては、人材教育会社の新規事業で、ワーケーション(リゾート地などで休暇を取りながらリモートワークする働き方)などを取り入れた研修プログラム開発に携わっています。補助金申請のサポート業務も、中小企業診断士の仕事として知っておくべきと考え、少しずつ行っています。オンラインミーティングも多く、時間を詰めて活動しているので、結構な業務量ですね。

時代は「複業」を求めている

――「副業」ではないんですね。「複業」の強みを教えてください。

本業の収入を補うサブではなく、複数のキャリアを築く「複業」、パラレルワークですね。どちらもしっかりと取り組むことで、相乗効果が得られると考えています。

企業内診断士という点でいえば、独立していない人だからできること、やる意義のあることが結構たくさんあると思います。所属企業からの収入が安定しているだけでなく、企業で得られるスキルは大きな武器です。そうした専門的な強みを診断士活動に生かせるし、これから先のどちらの活動に対しても、自分のスキルにプラスになることを選択しながら活動していくこともできます。

――所属企業の仕事との両立をどのように考えていますか。

私は就職した今の会社が好きで、転職は考えていないのですが、外を見ておく必要性を感じています。転職すれば必然的に外の世界を見ますが、ずっと一つの会社にいると、いつの間にか会社の常識が世間の非常識とならないか。適度な危機感をもって、複業を通して外のことを学ぶ。それが必要だと思っています。

企業に勤める人材としても価値が発揮できるようになっていたいし、診断士活動を含めて、個人として外でもきちんと仕事をしていたい。「会社に貢献しているけれど、依存していない」、個人としてもビジネスできているという状態が理想だと思います。

診断士活動とは何だろう

――これからの活躍の計画についてお聞かせください。

中小企業診断士は幅広い可能性のある資格で、何でもありではないでしょうか。「診断士活動」という言葉をよく使ってしまいますが、何を指すのだろうと思うことがあります。自分なりに、何ができるかを考えていきたいと思っています。面白そうな活動をされている診断士の方にたくさん会ってみたいですね。

――ご自身にとって「中小企業診断士」とは?

「世界を広げられるチケット」でしょうか。スキルを磨き、自分の価値を高め、会社にも貢献するような、いろいろな可能性のきっかけを与えてくれるものです。

実務補習や「取材の学校」もそうですが、外の人と一緒になにかに真剣に取り組むという機会、そして、人との出会いは本当に貴重です。刺激になるし、面白い。他の資格には無いのではないでしょうか。中小企業診断士が一番こういうことに向いていると思います。

宮田 昌尚

宮田 昌尚 取材の匠メンバー、中小企業診断士

熊本県宇城市出身。千葉県松戸市在住。早稲田大学政経学部卒業後、メディア企業に入って広告営業の世界に25年、ほかにCSR推進活動や財務部門にも従事し、現在はグループ会社勤務。2019年12月合格、2020年5月中小企業診断士登録。東京都中小企業診断士協会城東支部に所属。

拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~カテゴリの最新記事