【宮本昌明さんインタビュー】 仕事の悔しさをバネに資格取得へ。傾向と対策で一発合格! 将来は学ぶ楽しさを伝えたい

【宮本昌明さんインタビュー】 仕事の悔しさをバネに資格取得へ。傾向と対策で一発合格!  将来は学ぶ楽しさを伝えたい

【第3回 学ぶ楽しさを世に伝えたい】
過去の記事:第1回第2回

【宮本昌明さんインタビュー】

日商簿記1級と中小企業診断士を手にした宮本さんはどこに向かおうとしているのでしょうか。
その将来への思いをお聞きしました。

ずっと学び続けたい

――昔から学ぶことは好きでしたか。

勉強することは嫌いでしたね。

学校時代は、勉強することに意味を見いだせませんでした。勉強したところで何になるんだろう?とずっと思っていましたので触手が伸びなかったですね。

私は高校を卒業してすぐに社会人になったのですが、そこで初めて学ぶことの楽しさ、必要性を感じたように思います。

――このほかにも取りたい資格はありますか。

日商簿記1級と、中小企業診断士の資格を幸いにも取得することができました。これから先には税理士や公認会計士などにも挑戦し、自分の幅を広げていきたいと思っています。税理士科目はすでに学習を始めており、1科目だけの合格を取得しています。こちらもなかなかの難関ですが、どんどん恐れず挑戦していきたいと思っています。

――すごい意欲ですね。

いえいえ、私が学んだ「取材の学校」における他の受講者の人たちに比べたらまだまだです。いろんな人がいましたが、皆さんのレベルが高かったです。

私の中では、中小企業診断士は難関資格なのでそれなりにすごいことなのかな、とも思っていましたが、取得しただけでは何にもならないことを改めて痛感しています。いままでは学んできたばかりでしたが、これからは学んだことをアウトプットして、世の中に価値を提供していかなくてはいけませんから。

まずはこの1年、「取材の学校」同期生など、同時期に中小企業診断士を取得した周囲の人に置いて行かれないようしっかりついていきたいと思っています。

将来は学びの大切さを伝えたい 

――いまは学ぶことが楽しいのですね。

ええ、もともと簿記というのは、借方、貸方が合わないといけない、という厳格なルールがあります。これは洋の東西を問わない世界共通言語であり、自分の世界が広がるきっかけとなります。

中小企業診断士試験で学ぶ1次試験科目、2次試験科目も同じです。自分の知らないこんなに広い世界があるのに、学ばずにいるのがもったいない。どんどん知識が増えて、それが自己満足ではなく実際の仕事に生きるという喜びは何物にも代えがたいです。

携帯ゲームにはまっていた時期に声をかけてくれた妻と、そして勉強しなさい、と厳しくもずっと言い続けてくれていた上司に、いまは感謝の言葉しかありません。

――ご自身の将来の進路はどう考えていますか。

そうですね。私自身は学校時代から勉強には距離を置き、社会人になっても先輩や上司に言われるまでは、自ら勉強しようとは思っていませんでした。しかしながら学ぶことで仕事の質も上がり、お客様との会話も深みが出たように思います。勉強って大事なんだ、と改めて強烈に感じました。その経験を踏まえて、多くの人に勉強の大切さをわかってもらうような活動をしたいと思っています。

 ――世の中にニーズはありそうですね。

はい、勉強そのものを教える人はたくさんいるけれども、勉強の意義を教える人、勉強の意味を教えてくれる人は少ないと思います。私自身も教わってきませんでした。勉強に意味を見出せない人に、学びの楽しさと意義を伝えて、学んで人生を豊かにするお手伝いができればいいなと考えています。

――お時間いただきありがとうございました。

安田 雅哉

安田 雅哉 取材の匠メンバー、中小企業診断士

1970年鳥取市生まれ。大学では機械工学を専攻。工学部と医学部との共同研究に従事。1995年修士課程修了。2018年ファイナンシャルプランニング技能士1級取得。令和2年5月中小企業診断士登録。プラント建設会社、電機会社を経て現在は商社勤務。2018年より東南アジアの製造事業会社で経営管理を担当。趣味はライフプランニングと料理。本業以外の時間で始めた診断士活動と受験生支援活動で忙しく、趣味になかなか取り組めないのが悩み。

拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~カテゴリの最新記事