【川村匡弥さんインタビュー】 思い描いた「コンサルの仕事」を追い求めて ~独学で勝ち取った合格、そして未来へ~

【川村匡弥さんインタビュー】 思い描いた「コンサルの仕事」を追い求めて ~独学で勝ち取った合格、そして未来へ~

【第3回 合格後もさらなる挑戦は続く】
過去の記事:第1回第2回

【川村匡弥さんインタビュー】

2次試験合格を果たし、思い描いた「コンサルの仕事」に歩みを進める川村匡弥さん。
第3回は、診断士合格後の活動、将来の夢について伺っていきます。

診断士合格後、さまざまな出会いによって広がる世界

――合格してからご自身にとっての変化はありますか?

活動の場が広がり、人との付き合いが格段に増えていることです。

東京都中小企業診断士協会城東支部に所属し、3つのプロコン塾、1つの研究会に参加しています。診断士最初の1年は、精力的に色々な場に顔を出して、診断士のスキルといわれる「診る・読む・書く」を実践して磨いていこうと思っています。その他に、勉強会を開催している「タキプロ」にも参加し、受験生支援の活動をしています。

――「タキプロ」で受験生支援を始めたきっかけは何ですか?

口述試験対策セミナーに参加したのがきっかけです。これは偶然ですが、そこに前職の上司がいたんですよ。何か聞き覚えのある関西弁が聞こえるなって思ったら、前職の上司だったので驚きました。この偶然の再会に何かの縁を感じ、受験生支援活動に参加することにしました。

――具体的にどのような支援をされていますか?

セミナー班のリーダーの一人として、運営に携わっています。具体的には、合格体験談や勉強会の内容をセミナーで紹介し、受験生を支援しています。今後は、口述試験や実務補習対策セミナーなどを検討しています。

夢に向かって強欲に挑戦する

――将来の夢や思いを教えてください。

まだ先の話ですが、将来的に独立をしたいと考えています。フリーになったら働き方が自由な反面、働かなければ収入が入ってこないですよね。そういう厳しい状況に身を置いて挑戦したいという思いはあります。

自分がコンサルティングした結果、「会社の業績がよくなった」、「組織がよくなった」、そういう変化を目で見て、直に肌で感じる仕事がしたいです。クライアントと長い付き合いができて、「本当に出会えてよかった」と言ってもらえるようなインパクトのある仕事がしたいと思っています。

――夢に向かって取り組んでいきたいことを教えてください。

将来は、講師とコンサルティングの両軸で活動していきたいと考えていますが、今は強欲に何でも挑戦しようと考えています。タキプロでのリーダーとしての活動も、人前で話す訓練とプロジェクトを動かす経験になると思って取り組んでいます。

2020年の今はコロナ禍で、厳しい経営環境に置かれている中小企業を支援する機会が増えているので、補助金申請サポートやセミナー講師などで一つ一つ実績を作っていきたいです。診断士は独占業務がない分、幅広くチャレンジできるじゃないですか。そこに面白味を感じています。

初心を忘れず、自信が持てるまで挑み続けることが未来を変える

――最後に診断士を目指している方にメッセージをお願いします。

一つは、初心を忘れないこと。なぜ診断士を目指そうと思ったのか、資格取得後の未来のイメージを持ち続けながら勉強に励んでほしいですね。資格取得はあくまでもスタート地点ですから。

もう一つは、自信が持てるまでやり続けること。自信は今までの積み重ねで生まれてきます。「なんとかなる!」と思えなければ、努力が不足している証拠。そう思えるまで、問題と向き合って、資格を勝ち取ってほしいですね。

久保田 昌宏

久保田 昌宏 取材の匠メンバー、中小企業診断士

1972年生まれ。神奈川県横浜市在住。大学卒業後、印刷会社に入社。23年間法人営業として、印刷物やWebページの制作を通じ、企業の宣伝、販売促進活動に携わり、「売れるしくみ」を提供する。2020年3月、みのりコンサルティングを開業し、販売促進・マーケティング、事業計画策定を中心に企業支援を行う。神奈川県中小企業診断協会、東京都中小企業診断士協会城南支部所属。日本生産性本部認定経営コンサルタント。

拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~カテゴリの最新記事