【石川朋弥さんインタビュー】 受験仲間と切磋琢磨してつかんだ合格

【石川朋弥さんインタビュー】 受験仲間と切磋琢磨してつかんだ合格

【第1回 私が診断士資格を目指した理由】

【石川朋弥さんインタビュー】

2019年に中小企業診断士試験に合格。試験に最終合格するまで、何度も挑戦し続けてきた石川さんに、中小企業診断士資格を目指したきっかけや受験勉強を行う上で注意した点について伺いました。

中小企業診断士資格との出会い

――資格取得しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

中小企業診断士資格に最初に興味を持ったのは大学の経済学の講義でした。教授から中小企業診断士の紹介があり、中小企業診断士は地域の中小企業に密着して地元の産業振興に貢献できると説明を受けました。そこで、講義後に教授に受験したいので詳細を知りたいと相談しましたが、難関であり、受験予備校に通わないと合格は厳しいことがわかりました。

学生の身では受験予備校の講座に通う費用負担に私は耐えらなかったため、社会人になってから資格獲得に挑戦することに決めました。

その後、社会人になってから数年がたち、仕事にも慣れ経済的なゆとりもできました。自分の仕事を企業経営の観点から見直せる幅広い知識を身につけたいと思うようになりました。そのとき学生時代の中小企業診断士の資格に挑戦したいとの思いがよみがえり、受験予備校のTACに通い資格取得に挑戦することにしました。

――業務が忙しい中、難易度が高い試験に挑戦してみて、ご苦労はありましたか?

受験予備校に通い、合格に必要なノウハウを身につけることで、目標を達成したいと考ました。そしてTACの通学講座に申込み、挑戦を開始しました。

講座に通って本格的に勉強を開始し、勉強を始めた翌年に中小企業診断士試験の1次試験に合格することができました。しかし、2次試験のハードルはかなり高く、不合格になりました。その後TACで知り合った仲間とともに挑戦し続け、数年をかけて合格することができました。

受験勉強を通じて感じたこと

――勉強を続けるうえでご苦労されたことはなんですか?

私は不器用なところがあり、隙間時間を利用して勉強するという習慣がありませんでした。平日は業務が多忙であり、勉強時間を確保することができませんでした。そこで、勉強は土日祝日に集中して取り組むというスタイルで試験勉強しました。このため、ゆっくりとした休みが取れなくなったのがつらく感じ、モチベーションの維持に最初のうちは苦労しました。

――モチベーションを維持できたのは何故ですか?

TACでは中小企業診断士という共通の目標を持って切磋琢磨する受験仲間ができました。この仲間とのコミュニケーションが、長い期間にわたり楽しみながら勉強ができる原動力になったと思います。仲間ができたことで、長い期間にわたりモチベーションを維持できたと思います。

――教材は何を使いましたか? 

私は、一次試験ではTACの演習問題や過去問を繰り返し解いて、知識を詰め込むことができました。それ以外の市販の教材はほとんど使いませんでしたが、苦手な財務・会計だけは基礎的な解説書を買って読んでいました。

早速 倫章

早速 倫章 取材の匠メンバー、中小企業診断士

東京都世田谷区で生まれ育ち、現在も住んでいます。総合電機メーカのSI部署に配属され、官公庁、製造分野の機械・電気・制御・ITのソリューション提案・構築・施工管理に従事しました。2004年中小企業診断士登録を行い、東京都診断士協会の城南支部に所属、コンサルティングビジネス研究会とせたがや中小企業経営支援センターで活動している。

拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~カテゴリの最新記事