【宮田昌尚さんインタビュー】 挑戦することは自分にとっての必然

【宮田昌尚さんインタビュー】 挑戦することは自分にとっての必然

【第3回 さあ! 中小企業診断士の世界を突き進もう】
過去の記事:第1回第2回

【宮田昌尚さんインタビュー】

ご商売の家の環境で育ち、東京で大手マスコミ関連の会社に勤務する宮田昌尚さん。休日は山登りに向かうアクティブな一面も持っています。3回目は試験合格後に感じた中小企業診断士の世界について、そして宮田さんの今後の目標についておうかがいしました。

広がる中小企業診断士の世界

――中小企業診断士を取得されてよかったことはありますか?

優秀な若い人たちとたくさんの接点ができたことです。社会課題に対して高い関心を持ち、責任感をもって真剣に考えている人たちと話ができ、楽しみな世界が広がりました。

――具体的にはどういった方々ですか?

そうですね、同期合格の方や、「取材の学校」の受講者や講師の皆さん、診断士協会でお世話になる方々などです。先日、担当した執筆案件で中小企業診断士の大先輩を取材させてもらいました。テレワークの導入支援のお話を聞きましたが、いままさに緊急課題となっていることを解決するべく活躍されています。そういった方々との接点が広がることが素晴らしいと感じています。

これからも、目の前のことを一歩ずつ

――今後の目標を教えて下さい

当面は、補助金申請や創業・事業承継といった相談業務など、実務経験を一歩ずつ身につけて、お役に立てるように、なるべく早くなりたいと思います。

――その先の目標はありますか?

地域活性化の支援業務には関心があります。中小企業診断士の同期生で懸命に取り組んでいる人もいますし、故郷の同級生で地元の中心となって頑張っている幼なじみもいます。いずれそういった活動に関われたらいいなと考えています。

ただし、会社に所属しているからには、まずは所属企業の役に立ちたいと思っています。私の在籍する会社は大企業に属しますが、多くの中小企業をグループ会社として抱えており、そのうちの1社で今働いています。これからますますグループ全体として経営課題に立ち向かっていく必要があるし、各々のグループ会社が知恵を出し合っていかねばなりません。中小企業診断士の知識とノウハウは、こういった環境でこそきっと生かしていけるのではないかと考えています。そういった意味でも、今後も地道に実力をつけていきたいと思います。

――本当に強いバイタリティを感じます。先日の雑誌の企画提案会でも多くの企画を出していましたよね?

あれは癖だと思います(笑)。雑誌の編集会議や広告の企画会議の時はそういうものだと思っていましたから。最低でも3つは出したいですね。自分の中で本命として真面目に練り上げたもの、その対抗馬、そしてちょっと発想を変えた話題のような3本でしょうか。

――松・竹・梅のような感じですか?

松・竹・梅だと優越がついているでしょうけど、そうではなくてバリエーションをつけたいということです。そうすると、相手が本当に求めるものがどういったものかをつかむことができます。いずれにしても、できるだけ自分でも関心の幅を広く持って企画立案したいとは思っています。いざ、実施するとなると手一杯になって困ったりすることもあるんですけどね。

――最後に中小企業診断士試験に挑戦中の受験生に向け、一言お願いいたします。

祈りは通じることも・・・ある!もちろん祈っているだけで通じるわけはありませんが、一生懸命勉強している皆さんは、少々不安があっても、あとは合格したいという気持ちの強さで突破できると思います。私も、駄目だと思っていた試験結果を祈って合格にしたことが何度もありますよ!

――ありがとうございました。

宮本 昌明

宮本 昌明  取材の匠メンバー、中小企業診断士

2019年中小企業診断士試験合格。都内文具店勤務。法人営業に9年、営業事務に1年従事。顧客開拓、イベント企画、販促企画、業務改善等、社内外に係る様々な業務を経験。

拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~カテゴリの最新記事