【みずのさんインタビュー】
学び続けて、簿記、宅建、FPそして診断士合格!

<strong>【みずのさんインタビュー】<br>学び続けて、簿記、宅建、FPそして診断士合格!<br></strong>

【第3回 合格後、そして受験生に向けて】
過去の記事:第1回第2回

【みずのさんインタビュー】

派遣社員として仕事をしている、みずのさん。独学と通信講座で見事2019年に合格されました。最終回は合格後についてお聞きしました。

試験合格後は「ふぞろい」

――診断士試験合格後、どのような変化がありましたか。楽しいですか。

同友館の『ふぞろいな合格答案 エピソード13』の執筆の話を最初にいただき、取組みました。事例Ⅱ分析・企画の担当です。300枚近い答案を分析する機会は滅多にありませんので、非常に良い機会をいただきました。そのような機会が得られて楽しいです。それ以外にも、いろいろチャレンジする機会があります。「取材の学校」もその1つです。

――今後、どのような活動をしていきたいですか。

執筆活動をしたいと思っています。他の仕事につきましては機会に恵まれましたら実力と相談しながら挑戦したいと思います。

――今後、どんな診断士になりたいですか。

学び続ける診断士でいたいです。今は圧倒的に力不足なので学ばなくてはいけないことが多いですが、何年経っても学び続ける気持ちを持ち続けたいです。

――最後に受験生に向けて、今年2次試験を受験される方、来年1次試験から受験される方に向けて言いたいこと、メッセージがありましたら、お願いします。

何とか合格できた私が言葉をかけるのは気がひけますが、1次試験は範囲の広さとボリュームの多さ、2次試験は正解が公表されない、わかりにくさ、と異なる難易度を持つ試験で努力を続けておられる方を心から尊敬しています。

山本 和男

山本 和男 取材の匠メンバー、中小企業診断士

メガバンクの営業店現場に20年以上勤務。一貫して融資を担い、課長代理、課長、副支店長、本部審査部も経験。融資担当者として一時期、融資相談を数多くこなす。3年前に銀行から子会社に転籍。子会社では業務部門を統括している。趣味は剣道観戦。カラオケ。

拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~カテゴリの最新記事