【吉田 樹生さんインタビュー】
大学進学、海外駐在、中小企業診断士、すべては“あこがれ”から始まった

<strong>【吉田 樹生さんインタビュー】<br>大学進学、海外駐在、中小企業診断士、すべては“あこがれ”から始まった</strong>

【第2回 受験歴は、1次試験4回、2次試験3回】
過去の記事:第1回

【吉田 樹生さんインタビュー】

有名大学進学、海外駐在経験、中小企業診断士の取得と、華々しい経歴を持つ吉田樹生さん。しかし、中小企業診断士の取得の裏には長きに渡る受験生時代がありました。時間をかけてでも“あこがれ”を実現してきた吉田樹生さんに、受験生時代のお話をうかがいました。

長きに渡る受験生時代

――中小企業診断士試験の受験歴を教えてください。

1次試験は、2014年と2015年、そのあと2018年と2020年の合計4回の受験です。2次試験は2018年と2019年、2020年の合計3回です。

――2014年が初めての受験だったのですね。

2014年の6月末でインドから帰任することが決まっていたのです。この時は、インド駐在経験で英語力が高まっていたこともあり、帰任したら外の世界に転職したいという気持ちも強くなっていました。それで、転職する前に、中小企業診断士の資格を持っていたら箔が付くかなみたいな、安易な気持ちから受験しましたね。

――2014年の初めての1次試験の結果はどうでしたか。

2014年の2月か3月ころから勉強を開始しましたが、仕事が忙しく、ほとんど勉強ができませんでした。その結果、1次試験では2科目しか受からなかったです。

翌年の2015年も受験しましたが、2014年と同じ理由で不合格でした。2015年と2016年には転職もしていたので、試験勉強よりも新しい仕事を覚えることを優先させていました。

――2018年に再度、受験されたのですね。

2018年は、現在の会社に転職して数年経ち、会社にもファイナンシング部門の仕事にもだいぶ慣れてきた頃です。自分の中で、CXOクラス(会社組織の執行責任者の役職)などの高いレベルの人を相手に話をすること、提案することを念頭に置いていたので、経営全般や経営課題について対話ができるようになりたいと強く感じ始めてもいました。中小企業診断士の資格を取れば、経営を全般的に学べる、さらに、財務会計の領域を強化できるといった考えもあり、再度、勉強を始めました。

――2018年と2019年の試験の結果はどうでしたか。

2018年は、1次試験は突破できましたが、2次試験で不合格でした。2019年は1次試験免除で2次試験に挑みましたが不合格でした。2年とも2次試験の事例Ⅰ~Ⅲはそれなりに出来て合格ラインでしたが、事例Ⅳの財務会計は2年ともD判定という結果で、2年とも財務会計に足を引っ張られたかたちで不合格でした。

最終的に合格を勝ち取った勉強方法

――2020年は再度、1次試験から受験され、見事に1次と2次試験を合格されています。複数年の勉強期間を通じて、吉田さんにもっとも適していた勉強方法や教材はどういったものでしたか。

1次試験では、スタディングの通勤講座を受けたのに加えて、TACの問題集と過去問題集を7科目購入して、徹底的に解きました。TACの問題集を解いて、過去問題集を解いてというのを、繰り返しやりましたね。これが、私にとってはもっとも良い組み合わせだったと思います。

2次試験では、最終的にクレアールの通信講座を申し込み、過去問を中心に勉強しました。クレアールは、ストリーミング配信の講座ですが、過去問が20年分くらいあって、その過去問の充実ぶりがよかったですね。あとは、「ふぞろいな合格答案10年データブック(出版:株式会社同友館)」という書籍を買って、そこに書かれているポイントやキーワードを自分の過去問の解答に盛り込めたかどうかを確認しながらの勉強もしていました。最終的に、事例Ⅰ~Ⅲは5年分の過去問を解きました。苦手だった事例Ⅳの財務会計は20年分解きました。それも1回ではなく繰り返し、繰り返し、複数回は解きましたね。

――事例Ⅳの過去問を20年分も解くというのはすごいですね。

それなりに時間はかかりましたね。ただ、20年分は必要ないかもしれないです、過去10年分くらいで十分だと思います。

モチベーションの維持の秘訣は、周囲に公言すること

――複数年の試験勉強中のモチベーションの維持方法を教えてください。

周囲の人に公言することです。私の場合は、職場の同僚や取引先のお客様に「中小企業診断士の試験受けています」と公言していました。そうなると、「これはもう受からないとカッコ悪い」という感情が自分の中に生まれますからね、そのことが大きかったです。

須々田 智昭

須々田 智昭 取材の匠メンバー、中小企業診断士

1978年生まれ、青森県出身、東京都在住。千葉大学工学部卒業後、ホテル経営会社に勤務。経理業務全般や経営企画の業務に携わった後、某ホテル経営会社のM&AとPMIにも従事。現在は管理職として経理部に在籍。在職中にグロービス経営大学院大学でMBAを取得。2021年5月中小企業診断士登録、東京協会・城東支部に所属。趣味はロードバイクと献血。

拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~カテゴリの最新記事