【速水健さんインタビュー】
親孝行が高じて資格取得へ。合格後も自己研鑽を続ける原動力に迫る

<strong>【速水健さんインタビュー】<br>親孝行が高じて資格取得へ。合格後も自己研鑽を続ける原動力に迫る</strong>

【第3回 実務補習での刺激的な出会い】
過去の記事:第1回第2回

【速水健さんインタビュー】

国内大手メーカー勤務の企業内診断士として活躍されている速水健さんのインタビュー記事です。第1回では中小企業診断士を志した背景、第2回では試験対策の方法についてお話いただきました。第3回では、合格後の環境の変化と、今後の展望についてうかがいました。

中小企業診断士合格後の環境の変化

――試験合格後、お仕事にどのような影響がありましたか。

わかりやすいことをひとつ挙げると、会社の人に、「オーラが変わった」と言われました。先述した通り、これまで自分ひとりで何か成し遂げた経験が無かったために自信が無かったので、これを克服することが課題でした。そんな中、試験を自分ひとりの力で突破し自信がついたのだと思います。以前よりも、ものごとをハキハキ伝えることや、筋道を立てて話すことを意識するようになりました。小さいことかもしれませんが、そうしたことの積み重ねが、周囲からの評価を変えたのだと思います。

――他にどんな変化がありましたか?

人間関係が大きく広がりました。これまでは、学生の頃からの友人、もしくは会社の人以外との接点がありませんでした。今回の取材もそうですが、新しい人と関わる機会が圧倒的に増え、非常に刺激の多い毎日を送っています。

――どのような出会いがありましたか?

試験合格後すぐに参加した実務補習でお会いした方々が刺激的だったのですが、特に印象的だった人が二人いました。一人は指導員の先生です。その方は経営コンサル界の最前線で活躍されている方でした。こちらの質問に対してのアウトプットのスピードが驚くほど速く、内容も理路整然としていました。会話をしただけで、自分には想像もできないような量のアウトプットをしてきたことを容易に感じとることができました。

もう一人はIT系のベンチャー企業に勤める方で、私と同い年でした。彼はお仕事柄ITの道に明るく、指導員の先生もその分野では彼を非常に頼りにしていました。尖った専門性があれば、その専門の外でどれだけ活躍している人でも頼らざるを得なくなる、ということに改めて気付くことができたので、今後さらに自己研鑽を継続していくモチベーションになりました。

製造業支援の想いはブレない

――今後どのようなキャリアプランを想定していますか。

しばらくは企業内診断士としての活動を考えています。実家のように支援を必要としている製造業の事業者をサポートすることを活動の軸に置いているのですが、今の会社で目の当たりにしているノウハウが武器になると確信しています。

また、今の会社で海外赴任のチャンスが回ってきています。現在所属している部署は海外赴任者を毎年排出するチームなのですが、私の打順がすぐそこまで来ています。独立をするにしても、海外で経験を積んでからの方がより効果的だと思っています。

合格後を見据えた学習で継続を

――最後に、これから診断士を目指す方に対してメッセージをお願いします。

私自身に言えることでもありますが、試験自体はゴールではありません。合格後に実現したいことを本当のゴールに設定すれば試験はあくまで通過点です。そうすれば、辛い試験勉強も乗り越えることができると思います。

小林 忠利

小林 忠利 取材の匠メンバー、中小企業診断士

2020年中小企業診断士試験合格。化学系素材メーカー勤務。入社後6年間、法人営業部門でハウスメーカーやキッチンメーカー、スマートフォンメーカーに対する深耕営業を経験する。趣味は筋トレとガジェット収集。時流に合わせた仕事をすべく、診断士活動の可能性を模索中。

拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~カテゴリの最新記事