<a><strong>【今井貴弘さんインタビュー】<br>MBAと中小企業診断士資格の双方を獲得して</strong></a>

【第3回 MBAと診断士、そして地域への想い】
過去の記事:第1回第2回

【今井貴弘さんインタビュー】

中小企業診断士試験に合格し、MBAとのダブルタイトルとなった今井さんが、双方の勉強を通じて、どんなことを感じたのか、そして今後どのような方向に進みたいと考えているのかを最後にうかがいました。

MBAホルダーとして感じる中小企業診断士向け学習の価値

――診断士試験向けの勉強を通じて感じたことを教えてください。

まず、一次試験に経営の基礎知識が充分に詰まっています。MBAを取得した自分から見て、そちらに遜色ありません。むしろ中小企業診断士のほうがしっかりしているのではないでしょうか。MBA取得のために学んだ内容は、たしかに特に強い部分は突出していたように感じましたが、一方、診断士試験で問われることは、バランスよく全体的に深い。よい勉強ができたと思っています。

二次試験については、与件を読み込む読解力を改めて鍛えることができたし、アウトプットの練習にもなりました。さらに、受験後には合格者同士のネットワークができて、そこで多くの方の知見を吸収することが、何よりのよい刺激になっています。

――診断士試験への挑戦について、迷う人にアドバイスがあればお願いします。

中小企業診断士へのチャレンジは間違いなくおすすめです。新聞や雑誌の記事で、取りたい資格ナンバーワンなどと書かれることがある様に、実際に企業で仕事をするのであれば、知っておくべき知識がパッケージになっています。そのため、とにかく勉強することをすすめます。もう一点、いま、副業解禁という風潮があるため、受験勉強を通じて得た知識と、取得した資格を生かして、本業で得られないものを獲得するのもよいでしょう。中小企業診断士を保有することで、可能性が大いに広がるはずです。

将来についてはこれから

――今後、どんな方向を目指しているのかについて、教えてください。

自問しなくてはなりません。知り合った多くの合格者の方から独立を目指していると聞いていますが、私は暫く現在の仕事を続けるつもりです。経営企画の部門にいて、最近やっと会社の全容を把握するようになったという実感もあります。現職を続けて、ポジションが高くなっていくことにも大いに価値があります。インフラに関わる業種なので、この国と、そこに暮らす人の生活を支えているような自負もありますし、仕事がそのまま社会貢献になっていると言えるかもしれません。

一方で、中小企業診断士として活動をすることで、様々な経験を増やし、自分の付加価値が増すのではないかという期待もあります。両方を見渡すと、全く違う分野と思われて、そのどちらかに自分の針を振り切ってしまうのはまだ早い。ですから、当面は色々な情報とネットワークに触れて、今後の道を決めていきたいと思っています。

地域に貢献したい

――はじめに、東北地方で地域貢献をしたい、という意向をうかがいました。どういった方向に進むにしても、それは意識されることになるのでしょうね。

そうですね。ただ、この地域に診断士としての活躍の場がどれだけあるのかが、まだよくわかりません。企業はかなりあるので、ニーズはきっと存在しているのでしょうが見え難いです。それで、本当に診断士として独立してやっていくのであれば、一度は東京ないしその他の都市に行って経験を積むべきかもしれません。

――そして最終的には地域貢献を目指したいと。

やはり地元愛ですね。育ってきたということと、多くの方にお世話になったという実感があって、そういう方々に恩返しをしたいです。カタチはどうあれ、仕事を通じて東北地方に貢献していきたいと思います。

吉田 潤 取材の匠メンバー、中小企業診断士

神奈川県出身、1990年東京大学経済学部卒。約30年にわたり運輸関係企業に勤務し、財務、経営管理、調達、総務部門などを経験する。2021年、中小企業診断士登録。楽しみはゴルフと音楽と飲み食い。

拓け!中小企業診断士の扉~受験奮闘編~カテゴリの最新記事